MPLAB C18 Student Editionは試用期間終了後もちゃんと使える?

USB機器を作るにあたって、PIC16系+USBコントローラな構成にするかPIC18F系でいくか悩んでる。
できればシンプルかつ安価にいきたいので、PIC18F系でいきたいのだけど、Microchip社が公開してるUSBターゲット用ファームのサンプルが同社のMPLAB C18というコンパイラでなければコンパイルできないらしく、これが有償ときているので悩んでいる。約$860。BCC, gcc, VCコンパイラしか使ったことのない人間からすれば高すぎる。価値観もさることながら財政的に苦しい。
で、C18にはStudent Editionなるものがある。あるのだが、60日間という期限があって、これを超えると一定の制限がかかるらしい。
この制限の内容が英語でしか提供されていなくて、ぼくの知識でがんばって訳しても不明確な内容にしかならないので困ってる。
原文。

The Student Edition is free! It has all the features of the full compiler and libraries.
After 60 days, the optimizations related to procedural abstraction and to the extended
instruction set of the newer PIC18XXXX devices will be disabled.
Code compiled after the expiration date will function but may occupy more memory space.

MPLAB C Compiler for PIC18 MCUs
  • Student Editionは無料である
  • コンパイラとライブラリのすべての機能が使える
  • 60日経過後、手続きの抽象化・新しいPIC18系の拡張命令セットに関する最適化が無効化される
  • 試用期間終了後もコンパイルはできるが、コンパイルされたコードは肥大化するかもしれない

↑で正しければ、最適化が結果を分けるほど大きなデバイスじゃないから普通に使って問題ないはずなんだけど……。
間違ってたら誰か教えてくださいです。