OpenVZ上のCentOS5で日本語ロケールの作成

OpenVZで動くサーバに触る機会があって、そのときに日本語が化けたのでしばらく悩む。

$ svnadmin
svnadmin: warning: cannot set LC_CTYPE locale
svnadmin: warning: environment variable LANG is ja_JP.UTF-8
svnadmin: warning: please check that your locale name is correct
Type 'svnadmin help' for usage.

とのこと。ロケールに問題があるっぽいので、ちゃんと設定されてるかどうか確認。

$ locale -a|grep ja
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_COLLATE to default locale: No such file or directory

あれ、日本語のロケールがまったくないぞ・・・(・ω・`
試しに全部表示。

$ locale -a
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_COLLATE to default locale: No such file or directory
C
POSIX

ありゃ、ほんとに日本語ロケールなかったのね...。
いまいちUnixロケールっていう仕組みがよくわからないので、適当にググって対処法を探す。
qmail+vpopmail+Dovecot(CentOS5) – tksm.org

# localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP.utf8
# localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP     
# localedef -f EUC-JP -i ja_JP ja_JP.eucjp

設定。たぶん-fからしてファイルからの読み込み元の指定なんだろうけど、日本語として使えるデータがあるのに設定されてないってこともあるのか。ちょっとロケールについては調べておかないとだめだなー。
で、確認。

$ svnadmin
使用方法を知りたいときは 'svnadmin help' と打ってください。

ちゃんと日本語。